1. TOP
  2. ~国語辞典が愛読書~ 

~国語辞典が愛読書~ 

アートセラピーは   
気軽に出来るが奥が深い!!

絵に気持ちが表れているから
寄り添う事は簡単なようで

絵を描いた本人さえ言葉で表すことが出来ない気持ちを表現しているから

セラピストがどこまで言語化できるのかが大切になってきます。

 

だから
セラピストは

気持ち・こころを表現した“言葉”のボキャブラリーをたくさんもっていないと

なかなかピンポイントでこころを汲み取ることが出来なくなってしまいます。

そんなことを感じた
アートセラピー勉強会でした。

今日参加してくださったセラピストは
実践経験も積んでいる2人。


だからこそ
こうしてさらにレベルアップするために勉強会に参加しているんですねー

このお二人の成長が楽しみです🌟


ちなみに
私は国語辞典を読むのが好きです💕

へー混沌ってこんな意味なのかー

とか読みながら
気持ちの表現のボキャブラリーをじみーに増やしていってます笑

国語辞典が愛読書って・・・

怖いよねー💦

\ SNSでシェアしよう! /

人の役に立ちたいカウンセラーが集まる|一般社団法人heart reborn・心理カウンセラー協会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人の役に立ちたいカウンセラーが集まる|一般社団法人heart reborn・心理カウンセラー協会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ~ジンクス~

  • ~要らないものをあえて置く~  

  • ~知識と経験と進歩~

  • ~満員御礼~ 

  • ~相手のことを知る~

  • 〜教え子 その1 と その1〜